ペニス増大サプリを短期間で大量摂取するのはNG

短期間に大量摂取すると何らかの副作用が

ペニスを今よりもっと大きくさせたいと思っている人は多いでしょう。ペニスが大きくなったらパートナーの女性にも喜ばれるでしょうし、自分に自信がつくはずです。そういう時にペニス増大サプリは頼れる存在になります。

多くの人がこれを利用しています。ところでサプリは薬ではなく健康を維持したり、栄養不足を補うための食品です。それらの違いには即効性などがあります。例えば薬だと、発熱して体調が悪くなっても、風邪薬を服用し睡眠をしっかり取れば、翌朝には元気を取り戻すことがありますが、サプリはそのような即効性はありません。そのためペニス増大サプリを摂取した翌朝に実感できるようなことは皆無です。それなら短期間に大量摂取すればいいのではと考える人もいるかもしれませんが、それはNGです。

風邪を治す時、定められた用量の薬を服用するのと同じで、サプリもそれを守らなければなりません。短期間に大量摂取すると何らかの副作用が出てくるはずです。

ペニス増大サプリに使ったお金が消えていく

人間の体はバランスを保つようにできています。そこに大量の栄養が入ってくるとバランスが崩れます。例えばビタミン過剰症というものがあり、ビタミンを必要以上に摂取すると吐き気や頭痛、関節痛などの様々な症状が体の各部に表れます。

ペニス増大サプリにはたくさんの種類の成分が入っているため、短期間に大量摂取すると体のバランスを崩す恐れがあります。体を壊してパートナーとの楽しみが失われたら、ペニス増大サプリを摂取する意味がありません。さらに海外製のペニス増大サプリを摂取する場合は、もっと気をつけなければなりません。というのも体格差があるため、1回分の量が日本人には過剰になることもあるためです。

仮に運よくバランスを崩さず体調の変化がなかったとしても、せっかくの成分がそのまま体外へ出て行くことになります。それではペニス増大サプリに使ったお金をみすみす捨てることになってしまうので、短期間での大量摂取はかなり勿体無いです。

まとめ

ペニスを大きくするために、様々な成分が入っているペニス増大サプリを利用することはありですが、短期間に大量摂取することはNGです。体のバランスを崩す恐れがあり、パートナーとの夜の生活を楽しめなくなるばかりか、せっかくの成分が無駄になるため、お金が勿体無いです。

サプリは薬と同じように用量を守って摂取しましょう。また即効性はなく、実感できるようになるまでの期間は個人差があります。ですので日々観察しながら地道に続けることが大切です。